ロボットスーツHAL

ロボットスーツHAL

株式会社キシヤは、九州地方の医療機関や介護施設等に対して、サイバーダイン社『ロボットスーツHAL®福祉用』のレンタル販売の取次事業を展開しています。

『ロボットスーツHAL®福祉用』は、下肢に障がいのある方々や、脚力が弱くなった方々の筋力の代わりとなり、装着者の下肢動作や歩行をアシストする機能を持つ福祉用ロボットです。おもに医療機関や介護施設等、リハビリ施設を保有する施設において、患者様の自立支援や運動訓練を支援する福祉機器として用いられております。
弊社は、このロボットスーツHAL®の九州全県におけるレンタル販売取次を行なっており、地域に根差した営業を実施し、医療機関や介護施設に対し、これまでにない新たな運動訓練の可能性をご提案いたします。

 

ロボットスーツHALの仕組み

人が筋肉を動かそうとしたとき、脳から運動ニューロンを介して筋肉に神経信号が伝わり、筋骨格系が動作しますが、その際に、微弱な生体電位信号が皮膚表面に現れます。ロボットスーツHAL®は、装着者の皮膚表面に貼り付けられたセンサでこの信号を読み取り、その信号を基にパワーユニットを制御して、装着者の筋肉の動きと一体的に関節を動かすのです。これによって装着者の意思に応じた動作支援が可能になります。
生体電位信号を検出し、人間の思い通りに動作する「サイバニック随意制御システム」だけではなく、人間のような動作を実現することができる「サイバニック自律制御システム」の二つの制御系が混在したロボットです。


 
お問い合わせ 
詳細はお気軽にキシヤ担当者もしくはメールにてお問い合わせ下さい。

メールでのお問い合わせ
採用情報