福祉事業介護レンタルサービス

住宅改修

私たちは、介護保険制度を利用した住宅改修を行なっております。

住み慣れた在宅で、いつまでも安心して暮らせるように、より安全で快適になるよう住宅改修をご利用者様の目線で行ないます。


介護保険制度では、お住まいの改修に保険が適用される場合があります。介護保険の住宅費の支給は、
要介護ごとに定められている毎月の利用限度額と別に、原則として1回だけ20万円を上限として改修費用の9割若しくは8割の補助があります。
(ただし、要介護状態が著しく高くなった場合および、転居した場合は再度利用可能です。)

 
 

介護保険が適用される住宅改修

手すりの取り付け

廊下・トイレ・浴室・玄関からの道路までの通路などに移動するまたは移乗動作の助けとなるものを設置する工事です
 

段差解消

敷居を低くする工事・スロープを設置する工事・浴室の床のかさ上げなどの工事です
 

滑り止め防止及び移動の円滑化などのための床などの材料の変更

室内においての畳敷きから板製床材、ビニル系床材などへの変更が可能です。
また浴室においては床材のすべりにくいものへの変更が可能です。

 

引き戸などへの扉の取り替え

開き戸を、引き戸・折り戸・アコーディオンカーテンなどに取り替え、そのほかドアノブの変更、戸車の設置なども含まれます。
 

洋式便器などへの便器の取り替え

和式便器を洋式便器(暖房便座・洗浄機能付)に取り替える工事を実施します。
 

その他これらの工事に付帯して必要な工事

手すり取付けのための壁の下地補強などを実施します。

 

介護保険が適用される住宅改修例

採用情報