福祉事業介護レンタルサービス

介護保険の利用手続き

介護保険制度の被保険者とは

介護保険制度の被保険者は65歳以上の方、40歳~64歳の方となっています。

 (1) 65歳以上の方(第1号被保険者)

  原因を問わず、介護が必要とみとめられた場合に、介護保険サービスを利用できます。

(2) 40歳~64歳の方(第2号被保険者)

  老化にともなう病気(特定疾病)が原因で介護が必要とみとめられた場合に、介護保険サービスを利用できます。


※介護保険制度を利用するには、「要介護認定」を受ける必要があります。
 要介護認定は要支援1~2・要介護1~5で認定を受けることができます。

 
加入する方 第1号被保険者 第2号被保険者
65歳以上の方 40歳から65歳未満までの
医療保険に加入している方

サービスを利用できる方

(1)寝たきりや認知症などで常に介護を必要とする状態(要介護状態)の方
(2)常時の介護までは必要ないが、家事や身支度など、日常生活に支援が必要な状態(要支援状態)の方

初老期認知症、脳血管疾患などの老化が原因とされる16種類の病気により、要介護状態や要支援状態となった方

保険料の支払い 原則として老齢・退職年金等からの天引きです。 加入している医療保険の保険料に上乗せして一括して納めます。

サービス内容

●居宅サービス[介護、介護予防]
 訪問介護、訪問看護、訪問リハビリテーション、訪問入浴介護、居宅療養管理指導、通所介護、通所リハビリテーション、短期入所生活介護、短期入所療養介護など
 ※福祉用具の貸与・販売・住宅改修

●施設サービス
 介護騒人福祉施設(特別養護老人ホーム)
 介護老人保健施設(老人保健施設)
 介護療養型医療施設(療養型病床群など)

●地域密着型サービス
 小規模多機能型居宅介護、夜間対応型訪問介護、認知症対応型通所介護、認知症対応型共同生活介護(グループホーム)、地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護、地域密着型介護特定施設入居者生活介護

介護保険のサービスを受けられる特定疾病(40歳~64歳の方)

筋萎縮性側索硬化症(ALS) 脊髄小脳変性症 閉塞性動脈硬化症
後縦靭帯骨化症 脊柱管狭窄症 関節リウマチ
骨折を伴う骨粗しょう症 早老症(ウェルナー症) シャイ・ドレーガー症候群
糖尿病性神経障害 糖尿病性腎症 糖尿病性網膜症
パーキンソン病 ガンの末期 両側の膝関節、または股関節に著しい変形を伴う変形性関節症
初老期における認知症
アルツハイマー病
ピック病
脳血管性痴呆
クロイツフェルト
ヤコブ病など
慢性閉塞性肺疾患
肺気腫
慢性気管支炎
気管支ぜんそく
びまん性汎細気管支炎
脳血管疾患
脳出血
脳梗塞など
 

介護保険制度の利用手続きの流れ


 
採用情報