2018.10.01 お知らせ

煩雑な施設基準の維持管理業務を効率化するクラウドシステム 施設基準管理システム「iMedy」を販売開始

このたび医療機関に対し新しい分野の価値提供を行うために、国内初の施設基準管理システム「iMedy」の販売を2018年10月1日から開始します。
 
施設基準管理システム「iMedy」は、ソフトウエア開発会社 株式会社ヴィンテージ(本社:北九州 社長:郷田和正)が開発したクラウドシステムです。
 
2016年度の施設基準適時調査による返還金は全国で43億円を超えています。その一方で医療機関の施設基準管理担当者は返還金発生防止のために、多くの場合手作業による施設基準の維持管理業務が行われています。
 
本システムは、様々ある施設基準の管理業務の中でも、特に煩雑で時間がかかる「従事者の資格要件の管理」、大量情報となりつつある「疑義解釈のデータ検索」、施設基準担当者の担当交代や適時調査を受ける際に有効な「届出申請書、議事録、資格証の一元的データ保管管理」の3点を効率化しまた業務サポートできる唯一の製品です。
 
操作が簡単で誰でも運用できるシステムとなっております。詳しくは、下記サイトでご確認ください。
 
 
 
◆ 製品紹介
株式会社キシヤホームページ     http://www.kishiya.co.jp/business/other/iMedy/
株式会社ヴィンテージホームページ  https://imedy.jp/
 
  • 製品に関するお問い合わせ
株式会社キシヤ           http://www.kishiya.co.jp/contact/input
株式会社ヴィンテージ        https://imedy.jp/contact/
 
このたび医療機関に対し新しい分野の価値提供を行うために、国内初の施設基準管理システム「iMedy」の販売を2018年10月1日から開始します。
 
施設基準管理システム「iMedy」は、ソフトウエア開発会社 株式会社ヴィンテージ(本社:北九州 社長:郷田和正)が開発したクラウドシステムです。
 
2016年度の施設基準適時調査による返還金は全国で43億円を超えています。その一方で医療機関の施設基準管理担当者は返還金発生防止のために、多くの場合手作業による施設基準の維持管理業務が行われています。
 
本システムは、様々ある施設基準の管理業務の中でも、特に煩雑で時間がかかる「従事者の資格要件の管理」、大量情報となりつつある「疑義解釈のデータ検索」、施設基準担当者の担当交代や適時調査を受ける際に有効な「届出申請書、議事録、資格証の一元的データ保管管理」の3点を効率化しまた業務サポートできる唯一の製品です。
 
操作が簡単で誰でも運用できるシステムとなっております。詳しくは、下記サイトでご確認ください。
 
 
 
◆ 製品紹介
株式会社キシヤホームページ     http://www.kishiya.co.jp/business/other/iMedy/
株式会社ヴィンテージホームページ  https://imedy.jp/
 
  • 製品に関するお問い合わせ
株式会社キシヤ           http://www.kishiya.co.jp/contact/input
株式会社ヴィンテージ        https://imedy.jp/contact/
 
前のページへ戻る
採用情報